腰痛に効くストレッチや体操などをよく見かけますが、実は腰痛の原因は、大きく2種類に分けられるので、まず自分の腰痛の原因を知ることが、改善に役立ちます。

スポンサードリンク

腰痛の原因と治療法

腰痛の1つ目の原因は、背骨付近の筋肉の異常です。

筋肉異常の病名を具体的にあげると、「椎間板ヘルニア」、「変形性脊椎症」、「腰痛症」とも呼ばれる「筋膜性腰痛症」、「骨粗鬆症」などです。

腰痛の種類で最も耳にするのは、「椎間板ヘルニア」ではないでしょうか。
手術や通院をしている方は、かなりの人数に達しています。

「腰痛症」とも呼ばれる「筋膜性腰痛症」とは、よく「ぎっくり腰」と言われている腰痛のことです。
ぎっくり腰は、特に寒いシーズンに発症しやすく、頭を悩ませている方も多いことでしょう。

骨粗鬆症を原因とした腰痛は、特に更年期を迎えてからの女性の腰痛に多くみられます。

腰痛の2つ目の原因は、1つ目のような筋肉疾患からくる腰痛ではなく、内臓の病気が原因です。

腰痛が長期的に改善しないという方は、内臓の病気を疑ってみる必要があるかもしれません。
尿管結石の症状は、腰痛と似ているので、筋肉疾患の腰痛だと思い込んでしまいがちです。

尿管結石以外で腰痛の痛みと勘違いしやすい病気は、腎臓結石、婦人科、大動脈瘤などが考えられます。

内臓の病気の治療をしないまま、腰痛用の治療を進めていっている可能性もありますので、更に進行する前に、専門医へ相談されてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

腰痛治療と原因:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://n.54lz.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。